肝臓を理解する

肝臓保護情報


あなたは肝臓保護が、つまり肝臓保護を理解することがアナボリックステロイドを服用するために不可欠な部分であることを知っていますか?

他の多くのユーザーと同様、おそらくあなたはそうでした。 しかしそれは、あなたが治療を適用することに関して、あなたが必要とするほど厳格になると言うことを意味するものではありません。

ステロイドが肝臓にダメージを与える可能性があることを何百万人もの人々が認識していますが、サイクルのこの側面を真剣に捉えて、効果的です

これはおそらく、肝臓の力学とさまざまな機能が完全に理解されていないためです。少なくとも、この重要な器官を真剣に受け止めるには十分ではありません。

私たちは単に、それが 消化過程 (これはほとんどの人が知っている機能です)だけでなく、解毒からIGF-1放出(それはまた同化作用においても重要な役割を果たすことを意味する)のすべてに必要な人体の重要な側面であることを示しています。

この重要な器官について、そして同化可能なステロイドがいかに悪影響を及ぼし得るかについて、あなたが知る必要があるすべてを見つける準備が整いました。

肝臓は何をしていますか?


これは物事が本当に興味をそそるようになるところです。 以前のセクションで解剖学を読んだ後、肝臓について理解していたことはありますが、今度はそれが果たす機能の過多を見てみましょう。

これらの機能について読むことで、肝臓を全く同じように再び見ることはできません。 このセクションでは、結果を最大化することから健康を最適化することまで、あらゆることを真剣に考えている場合、肝臓を保護することの重要性を強く認識させるために役立ちます。

肝臓の解剖学

胆管

胆管

ボーマン 管状構造 胆嚢から胆嚢を小腸に運ぶのを助けるように設計されています。胆嚢は消化プロセスの不可欠な部分として使用されます。

胆汁は、食物摂取量から脂肪を分解/吸収するために必要とされ、肝臓によって独占的に作られます。 食べ物が小腸に達すると直ちに胆汁が放出され、胆汁は義務を果たします。

最適な免疫機能から健康な髪と肌を発達させる能力に至るまで、脂肪が重要であることを考慮すると、最適な活力を得るために肝臓に胆汁を産生させる/胆管を使用する必要があると言うのは安全です。

血液血管

血液血管

血管 処理のために栄養豊富な血液を提供するために肝臓が必要とされる。この血液中に含まれる栄養素は、その後、全身の活力が常に持続することを確実にするために脳および他の身体の領域に運ばれる。

これらの血管は、肝動脈および肝静脈の形態で来る。 動脈は血液を送り込み、静脈は血液を肝臓から送り出し、肝臓から遠ざけます。

肝機能が何らかの形で損なわれた場合、これは(胆管と同様に)日常の栄養に必要な栄養素を適切に処理/アクセスすることができないことを意味する。

小葉

小葉

小葉は 小サブユニット 肝臓の - 彼らは細胞で構成され、到来する静脈から血液を処理するために使用され、自由に身体の他の領域に渡すことができる発信静脈に前記血液を送るために使用されます。

機能不全の肝臓は、小葉の利用によって血液を効果的に処理することができないため、栄養素が効果的にアクセスされず、効果的な全循環が可能ではない。

これらの3つの領域は、健康的な内的機能にとって不可欠です。 肝臓を完全に操作することなく、3つの成分すべてが個々の義務を果たすことができない。

肝臓の解剖学

胆管

胆管

ボーマン チューブ様構造 は、胆嚢から胆嚢を小腸に運ぶのを助けるように設計されています。胆嚢は消化プロセスの重要な部分として使用されます。

胆汁は、食物摂取量から脂肪を分解/吸収するために必要とされ、肝臓によって独占的に作られます。 食べ物が小腸に達すると直ちに胆汁が放出され、胆汁は義務を果たします。

最適な免疫機能から健康な髪や肌を発達させる能力に至るまで脂肪が重要であることを考えると、肝臓が胆汁を産生する/胆管を利用する必要があると言っても過言ではありません。

血液血管

血液血管

血管 処理のために栄養豊富な血液を提供するためには肝臓が必要とされ、その血液中に含まれる栄養素は、その後、常に全身の活力が持続できるようにするために脳やその他の身体の領域に運ばれる。

これらの血管は、肝動脈および肝静脈の形態で来る。 動脈は血液を送り込み、静脈は血液を肝臓から送り出し、肝臓から離します。

肝機能が何らかの形で損なわれた場合、これは(胆管と同様に)日々の栄養に必要な栄養素を適切に処理/アクセスすることができないことを意味します。

小葉

小葉

小葉は 小サブユニット 肝臓の - 彼らは細胞から構成され、到来する静脈から血液を処理し、出血細動脈に自由に通過することができる血液を他の領域に送ります。

機能不全の肝臓は、小葉の利用によって血液を効果的に処理することができないため、栄養素が効果的にアクセスされず、効果的な全循環が可能ではない。

これらの3つの領域は、健康的な内的機能にとって不可欠です。 肝臓を完全に操作することなく、3つの成分すべてが個々の義務を果たすことができない。

消化における肝臓の役割

多くの人々は、この器官が消化過程において重要な役割を担っていることを認識していますが、そのほとんどが必ずしも理由や方法を知っているとは言えません。

私たちは今、その機能のこの側面をさらに詳しく見て、それが人間の健康のこの側面にどのようにプラスの影響を与えるかを完全に理解できるようにします。 結局のところ、私たちの消化過程は私たちの血液成分によって支配されています。

消化器系全体には多くの側面がありますが、これらの面の多くとそれぞれのプロセスが存在する理由は、食物を分解し、栄養素を摂取し、その栄養素を血流に入れて体内で使用することです。 食生活のために食物の栄養素にアクセスするのは簡単な概念ですが、食べ物や消化プロセス自体も、私たちに有害な特定の毒素やフリーラジカルを生成する傾向があります。

血液が肝臓に到達すると、それはいくらか "不純な"状態になります。 純粋な濾過水と河川水の違いと比較することができます。 一方は毒素/廃棄物を全く含まず、他方は組成物の一部としていくつかの汚染物質を特徴とする。

血液が「汚染された」状態で肝臓に到達すると、肝臓は「濾過」プロセスを経てすべての毒素および不純物が除去され、「良品」(ビタミン、ミネラルなど)有効に利用されるために身体の残りの部分に保持されて送られる。

血液のこの重要な内訳や「分析」がなければ、人体は単にどんな能力でも正しく機能することができません。 肝臓は、私たちが否定的な要素から害を受けないようにするために必要な「廃棄物」管理プラントです。

これは、アルコールが大量に消費されると、そのような悪影響を及ぼすことができる理由です。肝臓の全体的な機能を低下させ、感染からの大きな危険にさらされます。

この段階では、経口ステロイド(実際にはステロイドもある程度)は同様の効果があると言えるでしょう。

私たちは肝臓の多くの機能と能力でまだ完成していませんが、この段階で全体的な重要性が効力を発揮して家に帰ってくることを願っています。

肝臓のホルモン機能


このセクションでは、肝臓がホルモンに関してどのように機能し、それらが相互作用し/産生するかを見ていきます。 このセクションのすべてのプロセスはホルモンの規則性に関与しており、したがって恒常性の状態を促進するのに役立ちます。

解毒

肝臓は血液の「ろ過」と「廃棄」プラントのいくらかであることから、これは役立つものとそうでないものとを分類し、栄養を確保するためには血液から抜け出すために必要なものを決定することができる私たちの健康の その結果、実際には解毒プロセスに大きな役割を果たしています。 私たちの血流の中の有害な毒素( フリーラジカル)肝臓に到達すると、それらは効果的に除去されて血液を「安全」にする。

毒素やフリーラジカルは、過剰な体脂肪を燃やして食物を消化し、精神的にも肉体的にも機能する方法に悪影響を及ぼします。 したがって、私たちが「普通に」生きるためには、その除去は不可欠です。

ストレージ

肝臓は重要な栄養素とミネラル/ビタミンの貯蔵所の役割を果たし、身体が必要なときに瞬時に釈放することができます。 ここに蓄えられている資源には鉄やグリコーゲンが含まれています。

グリコーゲンは、特に持続的なエネルギーレベルにとって不可欠です。 それがなければ、潜在的な低血糖に直面するでしょう。 鉄は健康な循環と血液の密度にとって不可欠です。 組み合わされると、これらの要素だけが健康な機能にとって不可欠です。

免疫

肝臓は、先天性免疫系を形成するのに役立つ細胞で満たされています。 かなり最近まで、肝臓は免疫系における全体的な役割について十分に評価されていませんでしたが、生物学者はこれが元々考えていたよりもはるかに大きな部分を果たしていることに感謝しています。

マクロファージ, キラー細胞 および キラーT細胞 炎症との戦いを助け、炎症(組織や関節の保護に必要)を作り、病気から体を守るためにここにすべて保管されています。 最適な肝機能がなければ、私たちの免疫システムは正しく機能しません。

IGF-1

IGF-1、または インスリン様増殖因子1 我々の組織回復および修復プロセスの不可欠な部分です。 あなたがボディービルダー、または筋肉構築に関心のある適度なレベルの健康ナットであっても、これまでにこのホルモンについて聞いたことがあります。

強力な身体活動を行うと、IGF-1は2つのサブストランドに分かれ、そのうちの1つは メカノ成長因子 または「MGF」である。
このサブストランドは、サテライト筋細胞を活性化し、修復および回復プロセスを大幅に高速化します。

IGF-1もまた、痩せた組織の成長にとって不可欠な要素です。 それがなければ、筋肉量を得ることはできません。 これまでに肝臓がいかに重要であるか(そしてそれがいかに重要であるか)を知ったことがない限り、肝臓を保護しないと、実際には害を及ぼしている成長するあなたの能力。

ヘプシジン

この ホルモン 肝臓で合成され、鉄を調節するために使用される。 鉄は身体全体の健康的な血液の流れとその創造にとって不可欠です。 システム内に関連するレベルの鉄が存在しなければ、 貧血。 この状態は、それが極端なレベルに達するならば、健康合併症の幅広い配列につながり、死亡さえも(主に関連する合併症による)

アンギオテンシノーゲン

アンジオテンシジェン ペプチドアンジオテンシンの前駆体である。 この後者のペプチドは、部分的に血圧を調節するために必要な重要な要素である。 アルドステロン.

この前駆ホルモンは、ナトリウムを貯蔵するのに必要なプロセスをキックスタートさせるのに役立ち、これは必要な血圧の上昇につながる。 血圧の調節がなければ、私たちのシステムを通して適切に血液を送り出すことができません。

トロンボポエチン

この 特殊タンパク質 型の形成に必要 血小板 肝臓と腎臓の両方によって生成される。 血小板は、損傷した組織部位上に血栓を形成するために必要とされる。 ほとんどの人は血栓を負の健康問題に関連づけていますが、実際には特定の状況下で発生するはずです。

それらは、損傷の結果として起こった軟部組織の隙間に違反するという点で、「自然な」バンドアイドルを作り出すのに役立ちます。 これらの凝塊は、その後、回復プロセス中に硬い痂皮に変わり、その結果、損傷を受けた組織が完全に補充される。

ベータトロフィン

この 重要なホルモン 膵臓細胞の増殖をもたらす。 要するに、これは膵臓が成長し修復するのを助けることを意味する。 膵臓は、多くの内部プロセスの制御と私たちの活力の維持のために重要であることから、私たちの体はベータトロフィンの存在なしに完全な壊滅状態に陥ります。

肝臓が関与するすべてのホルモンプロセスが分かっているので、全体的に少し違った考え方になるかもしれません。 あなたがここにいるのは多面的なオルガンであり、幅広い機能を担当しています。

これまでのところ、ホルモンの調節と産生にどのような影響があるのか​​を見てきましたが、肝臓の実際の重要性を十分に理解して理解する前に、さらに多くのことを発見する必要があります。 私たちは肝臓の代謝機能、具体的にどのように消化に影響を与えるのかを考えていきます。

肝臓が脂肪をどのように燃やすか

肝臓が脂肪をどのように燃やすか

この肝臓のしばしば見過ごされる側面には、多くの肯定的な利点がありますが、これに限定されるものではありません。

  • 肥満に対抗する
  • 心臓病や脳卒中のリスクを軽減する
  • 心血管および呼吸器の問題の過多のリスクを軽減する
  • 豊富な領域にわたる内部ウェルネスの強化された状態を促進する

これまでのところ、健康への効果だけを述べてきましたが、アナボリックステロイドを使用したい人は、可能な限り希薄な組織の多くを表示しようとしているという事実はもちろんです。

高レベルの体脂肪では、この可視性は単純に不可能です。 脂肪燃焼を促進することは、切断段階を成功させるためには不可欠であり、過剰な脂肪が発生しないようにするためには、増量するときと同様に重要である。 肝細胞 肝臓内で過剰な体脂肪の燃焼に不可欠な多くの役割を果たす。 これらの役割には、脂肪酸の分解、リポタンパク質の生成、トリグリセリドの貯蔵およびコレステロールの生成が含まれる。 第一の側面(脂肪酸の分解)に関して、これはおそらく脂肪燃焼の最も重大な側面です - もし我々が脂肪酸の複雑な構造を分解しなければ、それらは私たちの体内に休眠し、内臓または皮下に投与される。

創造と代表団

リポタンパク質とコレステロールの生成と「委任」は、コレステロールレベルを決定し、脂肪酸/コレステロールが正しい場所に送られることを確実にするために重要です。 脂肪酸とコレステロールの適切なシャトルがなければ、これらの要素は両方とも体内の過剰な廃棄物として蓄積します。

この過剰な浪費は、脂肪の余分な貯蔵につながり、毒素/フリーラジカルの結果として系内に他の合併症が発生する可能性があります。 また、血圧上昇を含む健康上の合併症も起こる可能性があります。

トリグリセリド トリグリセライドは主に使用可能なエネルギーの1つであり、身体活動を維持するために必要なときに身体に委任するために常に店舗を利用できるようにする必要があります。

トリグリセリドが不足すると、一般的な嗜眠を含む有害な状態に至る可能性があります。あるいは、肝臓がトリグリセリドを適切に合成/利用できない場合は、別の重大な健康上の問題の前駆体であるか、肝臓機能不全に関連する。

肝臓がどのように脂肪燃焼の利点を果たすかを正確にまとめるために、可能な限り最も機能的で効果的な方法で脂肪を効果的に利用することは「訓練されている」。 私たちの食物脂肪を「分類」する能力がなければ、最適に機能することができないばかりでなく、体内で未使用で「座る」ことが自由にできるほど多くの肥満の危険にさらされます。